第27回
瞬足
瞬足

「冬場は太りやすい?」

お母さんたちとお話をしていると、「冬場は太りやすい」というご意見を聞くことがあります。果たして冬場は太りやすいのでしょうか?
冬場に体重が増加数する傾向にあるのは、実は、動かなくなり、それなのに食べる量が増えるからだと言われています。
特にお正月休みにはお餅やおせち料理でカロリーをいつもより沢山とり、さらにお酒の量も増えてしまいます。また、テレビでは駅伝を始め、目を離せないスポーツ番組をたくさん放送しています。そうすると、ますます活動量は減少して、身体の中にエネルギーを蓄えることになるわけです。
いつもより多めに身体に蓄えられたエネルギーのうち、2キロくらいは筋肉に蓄えられた炭水化物と水分だと言われています。この場合、2時間くらい継続して運動することで、あっという間に消費されて元の体重に戻ると思います。
しかし、2キロ以上の体重増加は、皮下脂肪や内蔵脂肪として蓄えられた脂肪だと言われています。そのため、食事前の空腹時に、低血糖で倒れない程度の軽い運動を長めに行うことが有効だと言われています。これを1〜2週間くらい続けられれば、体重は徐々に減少していくはずです。

ところで、寒い日は外に出たくない気分になりがちですが、寒い日は体温を保つ必要があるために、いつも以上に脂肪が燃焼されると考えられています。つまり、ダイエットのためには、寒い日こそチャンスなわけです。さあ、寒い日はお子さんと一緒に外に出て行きましょう。