第19回
瞬足
瞬足

柳谷先生への質問「マジックテープや紐は、緩くしていいですか。」

Q.柳谷先生への質問

マジックテープや紐は、緩くしていいですか。教えてください。
※「マジックテープ」は㈱クラレの登録商標のため、以降「面ファスナー」で表記いたします。

A.柳谷先生からの答え

面ファスナーや紐は、通学の時にはきつく感じない程度にやや緩めておいても大丈夫です。きつく締めすぎていると、血液の流れが悪くなり、足が痛くなったり疲れを感じたりすることもあります。

ただし、体育の授業や運動会、そしてスポーツなどで走る時、勝負の直前には紐や面ファスナーをきちんと締めて履きましょう。 緩めた状態のままにして全力で走ると、せっかく力強く地面を蹴ったとしても、足が靴の中で動いてしまうために、足の力が地面に伝わらず、速く走ることができません。とはいえ、スタートのずっと前からきつく締めていると疲れたり、徐々に緩んできたりすることがあります。ですから、スタートの直前に面ファスナーをギュッと締めましょう。
もう一点、靴を履く時に踵(かかと)の部分を踏みつけて履く人をたまに見かけます。しかし、靴を履くときには爪先(つまさき)よりも実は踵のフィット感が重要です。踵がつぶれて折れ曲がっていると、走る時に靴の中で踵が浮くようになり、やはり蹴る力を十分に地面に伝えることが出来なくなります。
ちょっと面倒かもしれませんが、玄関や昇降口では、腰を下ろして、しっかりと履く習慣を付けましょう。 この習慣は、早く走るためだけでなく、大切な靴を長持ちさせるためにも重要です。