アキレス 瞬足クラブ

瞬足について

2003年、「瞬足」は、学童の通学履き用として、
また運動会の競技でも威力が発揮できるシューズとして発売されました。

コーナーで差をつけろ!!

開発のテーマとして掲げられたこのフレーズには、左回りのトラック競技で転倒することの多い子どもたちを「転ばずに最後まで力いっぱい走らせてあげたい」という、開発・営業担当の思いがありました。
「シューズを改良することで何とかならないか…」
そこで、左回りに特化した「左右非対称ソール」というアイデアが生まれました。
当時、ソールの意匠は常識的には左右対称でしたが、その常識をくつがえし、「右足の内側」と「左足の外側」に左右非対称のスパイクを配置したのです。 晴れの舞台で力を出し切って最後まで走れるように…と作られた「瞬足」は、子どもたちの「速く走りたいという気持ち」を応援するシューズなのです。

「速い子はより速く、苦手な子には“夢”を」

子どもたちにとって、「履いて走りたくなるシューズ」「履くとワクワクするようなシューズ」であって欲しい…
「瞬足」には、そうした強い願いが込められているのです。

瞬足開発の背景01
左回りにこだわった左右非対称ソールの誕生
瞬足開発の背景02
運動会でのトラック競技による様々な「トラブル」とは?